International recording artist Yukiko Matsuyama bridges eras and cultures. From performing with Shakira at the Latin Grammy Awards, recording with Paul Winter on his Grammy Award Winning album, ‘Miho: Journey to the Mountain’ (Best New Age Album), to performing with internationally acclaimed jazz bassist Alphonso Johnson and Motown Legend James Gadson, Yukiko shares the sound of the Japanese koto with diverse audiences worldwide.

Her compositions for koto and western instruments delve into a joyous and celebrative blend of world and pop music. She delivers the sounds of the ancient 7th century instrument with authority and grace while managing to infuse elements of jazz, pop, new age, and world music into her mesmerizing compositions.

Born in Osaka Japan Matsuyama was classically trained at the Ikuta School of Koto from age 9. She received her professional certification and teaching credential in 1986.

In 1993 Matsuyama moved to Los Angeles and began composing original music, blending the traditional sound of the koto with western music.

Her best selling CD, Crème Brulée, is a delicious feast which blends the Japanese flavors of the Koto with rhythms from around the world and features Greg Vail’s soulful saxophone.

She recorded in Japan with the Paul Winter Consort and is featured on Paul Winter’s CD; Miho – Journey to the Mountain (Grammy Winner – Best New Age Album, 2011).

Matsuyama performed at the Latin Grammys in November 2011. For the event, she performed with Shakira on Antes De Las Seis, the latest single from her album, Sale El Sol, for which Shakira won the Latin Grammy for Best Female Pop Album.

Her latest project, Beyond the Space, is an International Pop collaboration with Hirotaka Ogawa and his Tokyo based band. CD Release Concerts were held in Osaka, Tokyo, North Hollywood & Santa Ana.

Other notable musicians with whom Ms. Matsuyama has performed and/or recorded with include Alphonso Johnson, Munyungo Jackson, John York, Rei Aoo Dance Planet, Eugene Friesen, Lenny Castro, Paul McCandless, Tadashi Namba, Kenny Endo, Shuichi Hidano, Karen Briggs, Fredo Ortiz, Diana Dentino, Koji Nakamura, Austin Peralta, Hiroyuki Hayashida, Reed Gratz, Tom Kurai and Mike Bennett.

Venues include The Japan America Theatre, The John Anson Ford Theatre, Grand Canyon National Park, LACMA, Kokusai Forum Tokyo, San Diego Museum of Art, Huntington Library, The Bowers Museum, St John Cathedral NY, Gwinnett Center Atlanta, The Miho Museum Shiga and cultural events throughout the United States and Japan.

Film work includes Freeway City with Brian O’Neal, From the Shadows, directed by Matt Antell, soundtrack composed by Steven Gutheinz, Turning Japanese by Paul Bickel, and a music video with jazz pianist Billy Mitchell.

A 13-string zither or harp, the Koto is Japan’s national instrument.

Discography

Beyond the Space (2011 Japan, 2012 U.S.A.) - Yukiko Matsuyama & Hirotaka Ogawa Band

Return to the River (2011) - Madi Sato

Miho: Journey to the Mountain (2010) - The Paul Winter Consort (Grammy Winner – Best New Age Album)

Crème Brulée (2010) - Yukiko Matsuyama & Koto Yuki Band

Tsubomi (2003) - Yukiko Matsuyama & Koto Yuki  Band

Koto (2003) - Yukiko Matsuyama & John York (of the Byrds)

Kazaguruma (1999) - Yukiko Matsuyama & Koto Yuki Band

*****************************************************************************************

Japanese Version

Matsuyama Yukiko

Japanese Koto

Performer – Composer – Arranger

www.YukikoMatsuyama.com

インターナショナル琴奏者、松山夕貴子は今までの琴のイメージを越えて新しい世界を開拓する音楽家として活躍。彼女のオリジナル音楽は琴のトラデイションを守りつつ、ジャズ、ニューエイジ、ワールドミュージック、ポップミュージックとの融合で、幅広い年齢層のファンを持つ。

大坂出身、9歳のときに 生田流 筑紫歌都子筝曲 入門 1986年に師範を取得。

1993年に渡米。ロサンジェルスで演奏、作曲を始める。

松山の音楽のルーツはミュージシャンの兄(ギターリスト、シンガーアレンジャー)織川ヒロタカのの影響が多く、琴の習得中から邦楽にこだわらない音楽を目指していた。

松山のアルバム”CREME BRULEE”(クリームブリュレ)はフランスのデザートの名前から付けられたもので,クリーミーで,リッチなサウンドを琴で表現。それは彼女のリズムや感性が十分感じられるアルバムとなった。

このアルバムに参加したミュージシャンは、アースウィンドファイヤー,ジャッシュ グローバン、ナタリーコール、アル ジャロウーと演奏するサックスプレイヤーのグレッグヴエイル,喜多郎.ピーボブライソンのキーボード奏者,ダイアナ デンテイノなどすばらしいミュージシャンだ。

去年の10月織川ヒロタカとのアルバムをリリース。日本でのアルバムリリースコンサートは大成功に終了した。

これまでの彼女の演奏活動をしてきたメンバーに、ポールウィンター、ムニャンゴ ジャクソン(ステイービーワンダー、マイルスデイビスのパーカショニスト)、ジョン ヨーク(バーズのベースプレイヤー)、ビィリーミッチェル(ジャズピアニスト)難波正司(ピアノ、キーボード)、織川ヒロタカ (ギター、ボーカル),ジェイムス ギャドソン(ドラマー)、中村浩二(和太鼓)、林田ひろゆき(ジパング)。そして2011年11月インターナショナルポップスターのシャキラとラテングラミー賞授賞式で演奏した。

音楽活動は主にロサンジェルスを中心にサンフランシスコ、ニューヨーク,アリゾナ州、ペンシルバニア州、ジュージア州、ニューメキシコ州で行われてきた。

2011年第53回グラミー賞受賞アルバム ポール ウィンター の”ミホ ジャーニー トウ ザ マウンテン”に参加。

その他 フィルム”ターニング トウ ザ ジャパニーズ”、”故郷”のテーマソング、短編映画フロム ザ シャドウ、芝居”東京ローズ”などの作曲を手がける。

2011年

邦楽協会より感謝状を授与される。